"科学的な正しさ"に加えて"楽しさ"や"安心"も実装する

野菜の「処方」事例について報告しました

YouTube大学

農業は、古くから心に病を持つ方々のリハビリテーションとして活用されてきたことからみられるように、個人・地域レベルのHappinessやWell-beingを膨らませる可能性を秘めていると感じます。

今回、みんらぼシニアフェローの杉山は、1年間かけて、体験農園を通じた農福医連携を行い、紫波町のシンポジウムでその活動を報告しました。その様子を動画で紹介します。

地域の中で、農業をベースとしたこのような活動が広がるといいなと感じています。

タイトルとURLをコピーしました