"科学的な正しさ"に加えて"楽しさ"や"安心"も実装する

Our Story

地域こそグローバル化時代の中心である。なぜなら、地域が抱える課題は、世界が共通に抱える課題と同質だからである。かつて、私たちはアカデミアに所属し、健康や医療、公衆衛生(Public Health)、Well-beingに関する地域の課題を明らかにし、それらに対する解決策を「科学的知見」から見出してきました。科学的な正しさを探求することそのものは、私たちの学問への好奇心を大変満足させるものでした。しかし、いざまた地域に目線を戻してみると、机上では解決したはずの課題は未解決のままとなっていました。私たちは、このような現実を突きつけられ、アカデミアという存在そのもののに限界があると感じました。つまり、アカデミアという第三者の立場では、地域課題の真の解決にはつながらないと感じました。そこで、私たちは、アカデミアを離れ、愛着のもてる地域に身を置くことを決意しました。そして、一人称で自分事として、これまでに培った科学的知見やメソッドを、「価値」あるものとして地域に提供することで「貢献」する道を歩むことにしました。

この貢献を通して、地域の様々な人と出会い、また他の地域の様々なアイディアを積極的に活かして、地域をより豊かにしていく —それが私たちの考えるソーシャル・イベノーションです。

この活動の末に、私たちが真に目標としていることは、”楽しく” ”安心できる” 場所を地域に創造することです。

あなたも、みんらぼと一緒に歩みませんか—

代表理事:杉山 麗子(すぎやま れいこ)
理事:坪谷 透(つぼや とおる)
シニアフェロー:杉山 賢明(すぎやま けんみょう)
アートフェロー:綿引 奈苗(わたびき ななえ)
アートフェロー:坪谷 暁子(つぼや あきこ)

タイトルとURLをコピーしました