みんらぼカード™ (5個以上の購入で送料無料、10個の購入で1個おまけ付)

¥1,000

カテゴリー:

説明

5個以上の購入で送料無料!
10個の購入で1個おまけ付!

アドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning; ACP, 人生会議) とは、あなたが大切にしていること、人生の最終段階において望む医療やケアについて自ら考えて、しかも、あなたの信頼する人や医療者と共有することです。
その特性から、人生会議における話題は、人生の最終段階において延命治療を選択しないことに偏りがちです。
しかし、「人生会議」の本当の意義とは、人生の意味や豊かさ、やりたかったことを、大切な人と分かち合うことだと、みんらぼは考えます。

では、普段なかなか考えるまでに至らないこれらの話題について、どのように話し合うとよいでしょうか。ひとつの進め方として、ゲームという方法があります。
「もしバナゲーム」をご存知でしょうか。人生の終末期において自分が望むケアについて考えるきっかけを与えてくれるカードです。
「みんらぼカード™」は、これにインスパイアされつつも、さらに「旅行に出かける」「好きなものを食べる」など、生きることをポジティブに考えるカードを多数用意しました。

ある自治体で、みんらぼカード™を用いたワークショップを行ったところ、カードを次々とめくる度に驚きと歓喜の声をあげ、自分の希望について話が止まらなくなり、なかには1つのカードに人気が集中しすぎて奪い合うような場面になったり、会場は笑い声でいっぱいになりました。ワークショップ後のアンケートでも、回答者のほぼ全員が「楽しかった」「これならこころづもりできる」という感想を寄せてくれました。

それでも、人生会議カードゲームをするのはなんとなく気がすすまないという方は、通常のトランプとしてババ抜きや神経衰弱をすれば、自然とカードの文字が目に飛び込んでしまう仕掛けになっています。

みんらぼカードの目的は、人生の終いについて考えているはずなのに、いつの間にか、より「前向きに」「生きる」ことのこころづもりが自然とできるようになることです。
このことは、WHOによる定義上の「健康」「不健康」にのみ捉われるのではなく、病気であっても障がいがあっても自分らしさを問うことの大切さを謳ったPositive Healthの概念に通じると考えます。

ぜひ一家に1個、みんらぼカード™をいかがでしょうか。